Dr.ヒーリングカプセル

Dr.ヒーリングカプセル

 

* 製品サイズ 1960x760x1150mm

性能

● 定格電源:AC 220V
● 消費電力600W
● 定格入力周波数:60Hz
● 電気衝撃に対する保護の形式及び程度:1級機器、B型装着部
● 赤外線波長:3~20㎛
● 赤外線放射率:0.838 ± 10%
● 赤外線放射エネルギー:6.07 × 10³ (W/m²) ± 10%
● 放射板中心部温度:90℃
● 使用時間:1~4時間

 

模様及び構造 – 作用原理

この個人用赤外線放射機は、本体、開き戸、温度調節機などから構成されて、遠赤外線エネルギー及び 陰イオンを人体に一定調査し、疲労回復や筋肉痛の緩和などを目的に使用する機器です。

 

使用上のご注意

ご使用の前に

● 温度を高めた状態で長時間放置して置くと過熱され、火事の危険がありますので、ご注意ください。

● 温度調節機のセンサー感知温度が過熱設定温度を超過すると、暖房機能が自動に遮断されます。

● この機器のドアや内・外部の壁などに衝撃をかけないでください。

 

使用方法

電源を接続後、機器のドアを左側に押して内部に入り、温度調節機の電源をオンします。
● 温度調節ボタンのキー(▲ ▼)を通じ希望温度を調整します。
● 希望温度を設定した後、3秒間タッチしなければ、再び現在温度が表示されて、下端部のBARグラフが表示されます。
● ボタン動作はタッチ方式ですので、指で軽くタッチしてください。
● 温度調節後、機器のドアを閉めて、席で横になります。
楽に休憩を取って、退場時には電源をオフして、電源コードをコンセントより引き抜いてください。

 

使用上のご注意

使用上の警告

 当社の修理技術者以外の人は改造・分解または修理しないでください。
– コードに傷をつけたり、破損したり、加工したり、束ねたり、はさみで切ったりしないでください
– コードやプラグが損傷されている時は使用を中止して、弊社までお問い合わせください。
– 一コンセントに複数の電源プラグを同時に差し込んで使わないでください。
1) 目的以外で使わないでください。
2) 他の機器と併用をすると危険ですのでご注意ください。
3) 機器の故障が見つかった場合は直ちに使用を中止してください。
4) 身体に異常が発生した場合は、直ちに使用を中止して、医師と相談してください。
5) 温度センサーの感知温度が過熱設定温度を超過すると、暖房電源は直ちに遮断されます。

 

使用上のご注意

長時間留守中には必ず電源を消してください。
製品使用中の故障や温度調節機の故障など異常が発生した時、直接修理せずにサービスセンターまで依頼してください。
 ヒーターの近くでスプレーカンやヘアスプレーなどを使わないでください。
温度調節機のタッチキーボタンを他のキーと同時にタッチしないようにご注意ください。
機器を任意に改造・分解しないでください。

위로이동