Dr.ヒーリングヒーター500

Dr.ヒーリングヒーター500

 

* 製品サイズ 400x500x200mm

性能

● 定格電源:AC 220V
● 消費電力800W
● 定格入力周波数:60Hz
● 電気衝撃に対する保護の形式及び程度:2級機器、B型装着部
● 赤外線波長:3~20㎛
● 赤外線放射率:0.838±10%
● 赤外線放射エネルギー:6.07 * 10³ (W/㎡) ±10%
● 放射板中心部温度:340℃
● 使用時間:1~4時間(hr)設定可能

  • 腰や背中を広く集中照射可能
  • 筋肉弛緩
  • 免疫力強化
  • ストレス及び疲労回復
  • 血液循環改善(個人によって差がある)

 

使用方法

使用前の準備

使用マニュアルを細かく熟知する。
● 底面に安全スイッチがついていますので、平たく堅い部分に設置してください。
 電源の電圧(220V)を確認する。
 電源コードをコンセントに接続させる。

 

使用方法

電源プラグをコンセントに接続する。
 本体上の電源ボタンを押す(ON)。

ボタンを押す > 回数 > 1回 > 2回 > 3回 > 4回 > 長く > 設定状態及び時間 > 電源オン、1時間 > 2時間後オフ > 3時間後オフ > 4時間後オフ > 電源オフ
 設定時間になったら、自動に電源がオフされますので、再使用時には電源ボタンを押してください。
 終了時には電源コードをコンセントより分離してください。

 

使用後の保管及び管理方法

長期間使用しない時は、調節機の電源コードをコンセントより分離する。
 保管場所においては、次の事項に気を付けること。

  – 水のかからない場所で、湿度がなく乾燥した場所で保管すること。
  – 気圧、温度、湿度、通風、日光、ほこり、塩分、硫黄などを含んだ空気などから悪影響を起こす恐れのない場所で保管すること。
  – なるべく室内で保管するが、仕方ない時は湿度のある環境を避けて保管すること。
  – 化学薬品の保管所やガスなどが発生する場所で保管しないこと。
 附属品、コードなどをきれいにした後に整理して置く。

 

使用上のご注意

使用上の警告

 当社の修理技術者以外の人は改造・分解または修理しないでください。

  – コードに傷をつけたり、破損したり、加工したり、束ねたり、はさみで切ったりしないでください。
  – コードやプラグが損傷されている時は使用を中止して、弊社までお問い合わせください。
  – 一コンセントに複数の電源プラグを同時に差し込んで使わないでください。
  – 電源コードが破損された場合は絶対任意に分解及び交換しないで、サービスセンターで修理を受けてください。
● 目的以外で使わないでください。
 必要な規定時間のみ使ってください。(一日使用時間:1~8時間)
 他の機器と併用をすると危険ですのでご注意ください。

● 機器の故障が見つかった場合は直ちに使用を中止してください。
停電になった場合は直ちに電源スイッチを消してください。
身体に異常が発生した場合は、直ちに使用を中止して、医師と相談してください。
次のような人は使用を止めてください。

   ア.急性疾患者

   イ.悪性腫瘍患者

   ウ.高熱患者
   エ.心臓障害者(特に、フェイスメーカーをつけている人)
   オ.知覚障害者

   カ.妊娠婦
   キ.使用部位の肌に異常のある人

使用時に肌と直接接触して使わないでください。
本体を折って状態で電源を印加しないでください。

 

使用上のご注意

就寝中または留守中には必ず電源を消してください。
製品使用中の故障や温度調節機の故障など異常が発生した時、直接修理せずにサービスセンターまで依頼してください。
濡れた衣類やその他の物をヒーターの周りにかけないでください。
ヒーターの近くでスプレーカンやヘアスプレーなどを使わないでください。

위로이동