ベーク事業

ベークライト事業

 

ベークライト(bakelite)とは?
ベルギーのL.H.ベークラントが米国で1906年発明した合成樹脂の一種。硬化される前の第1次反応で生じたものが天然のロジンに似ていたため合成樹脂と呼ばれて、ベークラントの商品名として工業化された。今日の人造材料、すなわち、プラスチックの始めになったし、電気絶縁性、機械的強度、耐熱性が優秀である。第1次反応時に酸性化するとノ-ブロック樹脂になって、アルカリ性にするとレゾール系になる。木粉や顔料を交ぜたり紙に浸透させて型枠に入れて加圧過熱して成型させる。

 

* ベークライト製品は全てが厚さ別サイズ

1.(原板1000×1000 、1000×1200、1000×1500、1200×2400)

2.(注文サイズで切断)です。

 

事業分野

  • ベーク事業 – 電気絶縁製品、R&D
  • 電気絶縁物 – 紙ベーク、布ベーク、細布ベーク、エポキシ、布棒、エポキシ棒

 

제품소개

 

bake1

紙ベーク

bake2

紙ベーク(A級)

bake3

細布ベーク

bake4

布ベーク

bake5

エポキシ

bake6

黒紙ベーク

bake7

黒布ベーク

 

ベークライト特性

 

詳細項目

の用途 特性

bake2_1

紙ベーク

一般電気 / 電子部品 機械的、電気的特性 良好

bake2_2

紙ベーク(A級)

ギア類、スペース類、

ラジオ部品、モーター類

機械的な強度が優秀、

電気的特性 / 耐磨耗性良好

bake2_3

布ベーク

ギア類、小型精密部品、

各種絶縁部品の

機械的な強度が優秀、

耐衝撃性良好、精密加工性

bake2_4

紙ベーク

一般電気 / 電子部品 機械的、電気的な特性が良好

bake2_5

黒布ベーク

ベアリング軸、

電気機械類の絶縁製品

機械的な強度が優秀、

電気的特性 / 耐磨耗性が良好

bake2_6

エポキシ

ギアー類、ねじ類、

変圧器内部部品

機械的な強度が優秀、

\電気的な特性/耐衝撃性が良好

위로이동